学芸研究員紹介

2017年5月20日 (土)

はじめまして

 はじめまして。今年度から東北学院大学博物館の学芸研究員になりました、文学研究科アジア文化史専攻M1の鈴木舞香(すずきまいか)と申します。

 手短ではありますが、自己紹介をさせていただきます。

 私の専攻は日本考古学で、特に古墳時代における東北地方の小型仿製鏡の研究を行っています。仿製鏡とは、日本製の鏡のことです。古墳時代における鏡は貴重品であり、同時に、所持している人物の権力を示す威信財の役割も果たしていました。私は鏡を通して、古墳時代における東北地方の様相を解明していきたいと考えております。また本学の考古学ゼミナールの発掘調査におきまして、小型の鏡が出土いたしました。この鏡を中心に、今後の研究を発展させていきたいと考えております。

 東北学院大学の博物館では、先ほど紹介した考古学ゼミナールの発掘調査成果の報告や遺物の展示も行っております。調査の報告にとどまらず、学生たちの調査期間中の活動記録なども展示しておりますので、考古学や考古学ゼミナールの活動などに興味のある方は、是非東北学院大学博物館へお越しください。

 研究員としてまだまだ未熟ではありますが、精一杯頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2017年5月12日 (金)

はじめまして!

はじめまして

今年度から学芸研究員として勤めることになりました、アジア文化史専攻博士前期課程1年の佐藤匠と申します。

 

私は東北学院大学の文学部歴史学科を卒業し、本年度から本学の大学院に進学することになりました。専攻としては民俗学を専攻しています。

 

具体的に何を研究しているかと言いますと、宮城県白石市に伝わっている宮城野・信夫と言う姉妹の仇討噺について取り上げ、それに関する史跡や民俗芸能と地域の人々の関係性などについて研究しています。

 

これから学芸研究員として、まだまだ未熟者ですが、精一杯頑張っていきたいと思っています。今年度からよろしくお願いいたします。

2017年5月 1日 (月)

はじめまして

はじめまして!

今年度から学芸研究員になりました、アジア文化史専攻博士前期課程1年の佐藤耕太郎と申します。

国士舘大学文学部史学地理学科考古・日本史学専攻を卒業し、4月から本学に在籍しております。出身は宮城県仙台市です。

日本中世史を専攻しており、卒業論文では、伊達氏の分国法である『塵芥集』を題材として、戦国期奥羽の民衆社会の実態を明らかにしようと試みました。修士論文では、奥羽における豊臣体制化の推進政策である「奥羽仕置」に焦点を当てて、引き続き奥羽の民衆社会の研究をしていこうと考えています。

至らぬ点も多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年4月17日 (月)

今年度もよろしくお願いいたします。

 どうも久々のブログ投稿になります。学芸研究員の佐藤です。今年で学芸研究員3年目に突入しました。

昨年は夏休み期間に発掘を行っている灰塚山古墳の成果を常設展に一部追加する形で展示しました。

今年の夏に行う灰塚山古墳の調査成果も秋以降に追加で展示できればいいなと考えております。

本年度もよろしくお願い致します。

2017年4月14日 (金)

改めまして

こんにちは、学芸研究員の鈴木春菜です。

昨年度に引き続き当博物館に勤めることになりましたので、改めて挨拶と自己紹介をさせていただきます。


私は本学歴史学科出身で、今年度でアジア文化史専攻博士前期課程2年生となりました。

日本近世史を専攻しており、近世武家の子女の養育について研究しています。

具体的には、養育者(乳母(めのと)傅役・抱守・懐守)の選定基準・役割・男性養育者と女性養育者の関わり等を、仙台藩伊達家を中心に明らかにしたいと考えております。


昨年は多くの方の助けもあり、展示や博物館収蔵資料図録KOREMITE発行等、様々な経験をさせていただきました。

来館者の方に解説をしながらも、来館者の方のお話から学ぶことも何度もありました。


まだまだ至らない点が多々あるかと思いますが、精一杯努めさせていただく所存です。

今後ともよろしくお願い致します。

2015年5月 2日 (土)

はじめまして

はじめまして。
今年度から学芸研究員になりました、文学研究科アジア文化史専攻M1の森千可子(もりちかこ)と申します。

私は東北学院大学の歴史学科の出身で、考古学を専攻しています。
古墳時代の人々の暮らし、特に食事について興味を持ったことから、土師器の甕(かめ)の使用痕を研究テーマにしています。
甕というのは、今で言う鍋のような使い方をした土器で、当時の人々は調理をする時に甕を火にかけて煮炊きを行っていました。その際に甕の側面に付着するススや、内面にこびり付くコゲの付き方から、甕を使ってどのような調理が行われていたのかを読み取ることが出来ます。「食事」という面から古墳時代の人々の生活のスタイルを明らかにしていきたいと考えています。

学芸研究員として至らないところがたくさんありますが、日々経験を積んで成長していきたいと思います。
よろしくお願い致します!

2015年4月21日 (火)

はじめまして!!

はじめまして。今年度から東北学院大学博物館学芸研究員になりました安保智(あんぼさとし)と申します。

本学の歴史学科出身であり、日本古代史を専攻しております。研究テーマは平安時代の対外交流で海を渡った僧侶たちのロマンあふれる旅に興味があります。

私が歴史を学ぼうと思ったきっかけは、小学生のときに石森章太郎さんのマンガ日本の歴史を読み、歴史って面白いな!!と感じたからです。

歴史を学ぶことの楽しさや面白さを忘れずに博物館学芸研究員として頑張りますので、宜しくお願いいたします。

2015年4月18日 (土)

はじめまして

 はじめまして。文学研究科アジア文化史専攻M1の砂金春奈(いさごはるな)と申します。

 
 民俗学を学んでいます。テーマは法印神楽についてで、石巻市雄勝町の法印神楽を中心に研究しています。法印神楽とは、法印と呼ばれた修験者たちが継承したといわれる神楽のことです。神社の例大祭で神楽が奉納されるのですが、最近は休日に例大祭が行われることが多いので、お時間のある方、見てみてください!

 大学院生として、また学芸研究員として、幅広い知識を身につけられるよう、頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 

2015年4月13日 (月)

はじめまして

 はじめまして、今年から学芸研究員になりました文学研究科アジア文化史専攻M1の佐藤由浩と申します。

 学部時代は、関東の大学で考古学を学んでいました。特に古代エジプトについて興味を持ち、卒業論文はスカラベ(フンコロガシ)の印章(ハンコ)について書きました。大学院からは心機一転して、地元宮城県の古墳時代から律令期への変化について土器を中心に辻先生の下で研究したいと考えています。
趣味は、城巡りで地元の中世・戦国期の城郭を見て回ったりしています。宮城県内にはあまり知られていませんが、たくさんの城が存在しており、そういった城に足を運んでみると様々な発見があり、とても楽しいです。

 学芸研究員としても院生としても、まだまだ未熟ではありますが、宜しくお願いします。m(_ _)m

 

2012年6月15日 (金)

初めまして(*゚ー゚*)

 こんにちは、初めましてm(_ _)m

 今年度から東北学院大学博物館の学芸研究員を勤めることになりました、文学研究科
アジア文化史専攻M1の那須美里(なすみさと)です(*゚ー゚*) 
 (因みによく聞かれるのですが、出身は宮城県仙台市です。栃木県ではありません(笑))

 専攻は民俗学で、高校の時からずっと弓道を行っていたこともあり、「現代に於ける「流
鏑馬(やぶさめ)」の射手の身体的動作や技術について」という、完全に趣味に走った研究
を行っています。(別に、苗字を意識したわけではないのですが…(*^.^*)ゞ)

 …と、いきなり「流鏑馬」と言われても困りますよねsweat01簡単に説明しますと、馬horseに騎乗し
駆けながら的に向かって弓で矢を射るsagittarius武術です。私は、上半身は弓道、下半身は乗馬
という独特の動きをする「流鏑馬」に興味を持ち、その技術や動作がどのように継承・修得
されているのかという点に着目して調査を行っています。現在は、宮城県内に限らず全国
各地の「流鏑馬」を調査中です。

 このように、まったくの新米学芸研究員ですが、精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお
願い致しますm(_ _)m


 さてここで、平成24年6月30日(土)に行われる東北学院大学文学部のオープンキャンパ
スに伴う、博物館無料公開についてのお知らせmailです(o^-^o) 当日は、本大学における
文化財レスキューの様子や、学芸研究員による個人研究の発表をポスターで展示する予
定です。私の研究(流鏑馬について)も展示する予定ですので(宣伝)、興味のある方は是
非、見学にいらして下さいo(*^▽^*)o 楽しみに待っていますsign03

(学芸研究員 那須美里)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー