« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

『KOREMITE』VOL.3&『おもひで写真帖~今、蘇る鮎川~』刊行

学芸研究員の佐藤耕太郎です。今年度最後の更新です。

さて、本日は当館が最近発行した刊行物2冊を紹介します!

①『KOREMITE』VOL.3
毎年1冊ずつ刊行している当館の収蔵資料図録です。今回は現在展示中の勝平得之の版画を掲載しました。また、彼が版画の製作に取り組んでいた当時の歴史と、当館で実施している博物館実習の様子も紹介しています。ぜひ、この図録を見ながら展示をご覧ください。なお、今回の図録は前の2冊とはデザインやレイアウトが大きく変わっており、そちらも大きな見どころです。

②『おもひで写真帖~今、蘇る鮎川~』
本学ではこれまで、東日本大震災で被災した牡鹿半島の文化財保全や、牡鹿半島の歴史・文化を紹介する展示会などに参加してきました。そして、これらの活動を受けて、牡鹿半島の歴史・文化に関する刊行物をこれまでに数冊発行しており、『おもひで写真帖~今、蘇る鮎川~』もその1冊です。今回は牡鹿半島の風景を撮影し続けてきた方が撮影した、昭和30年代の写真を特集しました。鮎川地域の半世紀の歴史と、写真に収められている鮎川の魅力を紹介しています。

この2冊は当館で配布しておりますので、これを機会にぜひお越しいただければと思います。

それでは、新年度もよろしくお願いします!

2018年3月29日 (木)

学芸研究員の巣立ち

ご無沙汰しています。学芸研究員の遠藤です。

3月は卒業の季節、今年は過去最多(たぶん)、5名の学芸研究員が巣立ちます。
僕も含め、博物館や文化財保護にかかわる仕事に就き、4月からはバリバリ働きます!
約6年間学芸研究員として、東北学院大学博物館で働いてきましたが、振り返るととても貴重な経験をできたと思います。そして、何より仲間と共におこなう展示や来館する皆さまとの会話は非常に楽しかったです!
来館してくださった方々、そして仲間に感謝sign03
4月からは、新たな学芸研究員も加わり、後輩の学芸研究員が企画する展示が続々と開催されるはずです!ご期待ください!
今後とも東北学院大学博物館をよろしくお願いいたします。
(東北学院大学博物館 学芸研究員 卒業生代表 遠藤) 

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »