« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 4日 (月)

第4グループの館園実習が終了しました!

こんにちは!学芸研究員の佐藤耕太郎です。

本日、第4グループの館園実習が終了しました。夏休み中の館園実習も今回でラストです。簡単に実習の流れを紹介したいと思います。

全員でパネルのレイアウトと文章を考えました。

Dscn0887

大きな紙をパネルに貼りつけるときには、とても根気が必要です。全員で力を合わせて作業を行っています。

Dscn0921

展示品を傷つけないように、慎重に並べていきます。

Dscn0946

最後に、展示解説をそれぞれ行います。

Img_3428

さて、夏休み中に行われた館園実習での成果は、「民俗学がやってきた」と題した展示となっております。この展示では、先人たちの生活に見られる知恵や工夫を紹介しています。展示期間は10月末までの予定です。ぜひお越しください。

また、第15回文化財レスキュー展「描かれた神体島―日本画家・平山郁夫が描いた「金華山の朝陽」―」も9月28日(木)まで開催中ですので、こちらの展示にもぜひ足を運んでいただければと思います。

2017年9月 1日 (金)

第3グループの館園実習が終了しました

お久しぶりです。
学芸研究員の鈴木春菜です。
本日は第3グループの実習について報告します。
3グループは819日~22日・28日~29日の5日間、実習を行いました。
 
1グループのテーマは「衣」、第2グループのテーマが「食」ときまして
3グループのテーマは「住」となりました。
ランプを中心資料とし、私達の生活に欠かすことのできない照明器具に焦点をあてた展示になります。
 
 1・第2グループ同様、第3グループも館園実習や学芸員の業務等を座学で学び
他己紹介で実習生同士の親睦を深め、展示作業にうつります。
 
3グループはパネルを2枚、キャプションは6枚作成しました。
キャプションやパネルの文章を必死に考え、


Dscn0667


根気のいるキャプション・パネルをのりパネに貼る作業にも懸命に取り組みます。
特にパネルはA0サイズという大きなサイズで作成しております。
パネルを貼る際は気泡が入らないか注意しながら、時間をかけて慎重に貼り付けました。


Dscn0716


また、のりパネは厚さがありますので、切る際も力がいります。


Dscn0733


何気なく展示しているパネルですが、実習生が一生懸命文章を考え、必死に切り貼りしたものです。
そんな実習生の努力を、展示からは窺えるのではないでしょうか。
 
ぜひ博物館にお越しいただき、実習生が作り上げた展示を御覧いただければと思います。


Dscn0760


 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »