« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月20日 (土)

はじめまして

 はじめまして。今年度から東北学院大学博物館の学芸研究員になりました、文学研究科アジア文化史専攻M1の鈴木舞香(すずきまいか)と申します。

 手短ではありますが、自己紹介をさせていただきます。

 私の専攻は日本考古学で、特に古墳時代における東北地方の小型仿製鏡の研究を行っています。仿製鏡とは、日本製の鏡のことです。古墳時代における鏡は貴重品であり、同時に、所持している人物の権力を示す威信財の役割も果たしていました。私は鏡を通して、古墳時代における東北地方の様相を解明していきたいと考えております。また本学の考古学ゼミナールの発掘調査におきまして、小型の鏡が出土いたしました。この鏡を中心に、今後の研究を発展させていきたいと考えております。

 東北学院大学の博物館では、先ほど紹介した考古学ゼミナールの発掘調査成果の報告や遺物の展示も行っております。調査の報告にとどまらず、学生たちの調査期間中の活動記録なども展示しておりますので、考古学や考古学ゼミナールの活動などに興味のある方は、是非東北学院大学博物館へお越しください。

 研究員としてまだまだ未熟ではありますが、精一杯頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2017年5月12日 (金)

はじめまして!

はじめまして

今年度から学芸研究員として勤めることになりました、アジア文化史専攻博士前期課程1年の佐藤匠と申します。

 

私は東北学院大学の文学部歴史学科を卒業し、本年度から本学の大学院に進学することになりました。専攻としては民俗学を専攻しています。

 

具体的に何を研究しているかと言いますと、宮城県白石市に伝わっている宮城野・信夫と言う姉妹の仇討噺について取り上げ、それに関する史跡や民俗芸能と地域の人々の関係性などについて研究しています。

 

これから学芸研究員として、まだまだ未熟者ですが、精一杯頑張っていきたいと思っています。今年度からよろしくお願いいたします。

2017年5月 1日 (月)

はじめまして

はじめまして!

今年度から学芸研究員になりました、アジア文化史専攻博士前期課程1年の佐藤耕太郎と申します。

国士舘大学文学部史学地理学科考古・日本史学専攻を卒業し、4月から本学に在籍しております。出身は宮城県仙台市です。

日本中世史を専攻しており、卒業論文では、伊達氏の分国法である『塵芥集』を題材として、戦国期奥羽の民衆社会の実態を明らかにしようと試みました。修士論文では、奥羽における豊臣体制化の推進政策である「奥羽仕置」に焦点を当てて、引き続き奥羽の民衆社会の研究をしていこうと考えています。

至らぬ点も多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

« 2017年4月 | トップページ