« 文化財公開の日見学会にて新展示をお披露目 | トップページ | 近世展示「武家文書を読む」展示替えのお知らせ »

2016年11月15日 (火)

リニューアル展示「喜多方市灰塚山古墳第6次調査」のお知らせ

学芸研究員の熊谷です。今月5日のブログでも報告しましたが、東北学院大学博物館では考古学コーナーのリニューアル展示「喜多方市灰塚山古墳第6次調査」を行っております。




Dsc_0525_4 灰塚山古墳第6次調査展示




灰塚山古墳(福島県喜多方市 5世紀)は会津盆地西縁の丘陵に築造された前方後円墳(墳丘長約61 m)です。東北学院大学辻ゼミによる本年8月の第 6 次調査では、主体部の二つの埋葬施設(石棺1、木棺痕跡1)から銅鏡や大刀、多数の鉄製品・竪櫛などが出土しており、画期的な成果を挙げました。


リニューアル展示としては、第6次調査成果のパネルを追加し、鉄鏃とガラス製腕飾り、そして竪櫛を展示しております。なお、竪櫛に関しては、保存状況により短期間の展示を予定しております。


展示作業は、辻館長の御指導のもと、本博物館の学芸研究員そして辻ゼミナールの学生が中心となって行いました。




Dscn9488_2 パネルの追加作業





Dsc_0444_2 展示作業




Dscn9579_2 鉄鏃・竪櫛展示




Dscn9580_2 腕飾り展示




期間は2017331()までの予定です。貴重な機会ですので、是非ご覧下さい。

(学芸研究員:熊谷)

« 文化財公開の日見学会にて新展示をお披露目 | トップページ | 近世展示「武家文書を読む」展示替えのお知らせ »