« 博物館館園実習開始!! | トップページ | 4グループ館園実習終了 »

2016年8月19日 (金)

2グループの博物館館園実習が終了しました

こんばんは、学芸研究員の鈴木です。
本日、2グループの博物館館園実習が無事終了しました。
2グループは815日~19日の5日間、資料調査や保存、展示作業等を学びました。
今回は2グループの展示を中心に、館園実習の報告をさせていただきます。


2
グループは「霊場雄島と板碑」と題し、松島・雄島から採集した板碑で展示を行いました。
「霊場」雄島について知ってもらうことを第一とし、板碑に刻まれた仏の役割・関東と東北の板碑の地域差等を説明し、最新の研究成果も提示することで、板碑について大変丁寧に解説しております。

実習生6人が力を合わせて行った展示がこちらです! 

Photo
この展示を完成するために資料調査を行ったり、板碑の写真撮影をしたりしました。 
Photo_3

さらに文章やデザインを考えながら、パソコンでパネル原稿を作成。
大型プリンターで印刷後、パネルを切り、のり付パネルに貼り付けます。

これがなかなか難しい!
Photo_7
しかし板碑の拓本・キャプションでものり付パネルに切り貼りする作業をしたためか、後半ではかなり上達していました。
 
Photo_8
パネルも綺麗にのり付パネルに貼れています。
Photo_9

いよいよ展示作業。

図面を描き、パネルやキャプションを設置。
3_2 

板碑を展示して、ライトの位置を調節して……完成です!
その後、実際に来館してくださった先生に解説もしました。
こうして2グループの館園実習は終了しました。

Photo_10

5
日間、2グループの皆さんは一生懸命実習に取り組んでいました。
その成果が展示にも表れていると思います。

東北学院大学博物館では引き続き館園実習を行います。

3グループの館園実習は明日から!
3グループの皆さんにも、多くのことを学んでいただければと思います。

« 博物館館園実習開始!! | トップページ | 4グループ館園実習終了 »

博物館実務実習」カテゴリの記事