« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

「雪と暮らし」の展示作業が完了しました

こんばんは。学芸研究員の鈴木です。
本日、「雪と暮らし」の展示作業が完了しました。

3


本展示は博物館実習の一環として、
3年生・4年生が力を合わせて展示したものです。
何カ月も頑張って作業しました。

0

本展示の目玉は「はこぞり」!

1

この「はこぞり」は秋田県内陸部出身の本学職員から寄贈されたもので、商売のために荷物を運んだり、乳母車の代わりにしたりと、多様な使われ方をしたようです。

他にも雪国の生活や雪国の遊びについてのパネル、「雪ぐつ」等の民具も展示しています。

2


梅雨も明け、夏に入った中での「雪と暮らし」の展示となりました。

雪国の遊びや生活に興味のある方はどうぞご覧ください。

皆様のご来場をお待ちしております。

2016年7月 7日 (木)

初夏オープンキャンパス 無料開館を終えました。

 こんにちは。学芸研究員の真柄です。

 梅雨に入ってから2週間ほどが経ちました。ジメジメと雨の日も増え、気温の変化も激しいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、先日6月25日は初夏のオープンキャンパスということで、当博物館も無料開館を行いました。

2_2 

大盛況でした…!!

 オープンキャンパスということもあり各高校の学生さんが多い印象でしたが、ご家族連れも多く、普段よりも幅広い年代の方に博物館に足を運んでいただいたのではないかなと思います。

2_3 Photo_3

 大学生、学芸研究員がスタッフとなって展示やゼミ活動について解説します。右の写真では、学院大学の先生方が書いた本がズラリ。興味のある本を見つけて手に取る方や、大学生と本をもとに話が盛り上がる学生さんの姿が印象的でした。

10 11 Photo_4

 ワークショップも行いました。考古学の分野を中心に、拓本や縄文原体など学芸員や研究をする上でも実際に行う作業を体験します。学芸研究員と考古学ゼミ生がレクチャーしました!こちらも大盛況でした。

Photo Photo_2

 今年初めての試みでしたが、オープンキャンパスに伴い歴史学科に関する個別相談会を、当博物館の展示室にて行いました。大学の先生方から直接歴史学科や専門分野について話が聞ける機会。熱心に質問をする学生さんたちの様子がうかがえました。

 足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。これを機に少しでも当博物館の活動やそれぞれの分野に興味を持っていただけましたら幸いです。今後も、まだまだ新しい展示を行っていく予定です。再びお会いできますことを博物館職員一同心よりお待ちしております。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »