« おしらせ | トップページ | レプリカについて その3(完) »

2013年11月 6日 (水)

文化財登録記念パネル展「-登録有形文化財-デフォレスト館の魅力・再発見」のお知らせ

本博物館において、文化財登録記念パネル展「-登録有形文化財-デフォレスト館の魅力・再発見」を行っております。

デフォレスト館は、1887(明治20)年頃の木造二階建てで、アメリカのコロニアル様式を取り入れた西洋館です。1886(明治19)年9月に仙台に設置された宮城英学校(新島襄校長・翌年6月、東華学校と改称)のキリスト教宣教師 J・H・デフォレストの住宅として建てられました。そして、2013年3月に国の登録有形文化財に登録されました。

Dscn4487

パネル展では、デフォレストの経歴やデフォレスト館の建築様式、さらには当時の仙台の様子などが分かりやすく展示しております。

Dscn4488

また、デフォレスト館ハンドブックもご用意致しておりますので、ご自由にお持ちください。

Dscn4489

展示期間は10月26(土)~12月28日(土)です。是非ご来館ください。

« おしらせ | トップページ | レプリカについて その3(完) »

お知らせ」カテゴリの記事