« 東北学院ホームカミングデーのお知らせ! | トップページ | 【予告】コーナー展示がリニューアルします! »

2012年10月29日 (月)

『文化財レスキュー展』を開催します!

おひさしぶりです。

学芸研究員の沼田です(o・ω・)ゞ

紅葉の便りも聞こえはじめてきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


さて、当館では昨年より文化財レスキュー活動を展開しています。

東日本大震災によって大きな被害を受けた石巻市鮎川地区。

そこには、地域の歴史と文化を示すものとして収集された、さまざま資料を保管する収蔵庫がありました。

この秋、収蔵庫から救出された500件の被災文化財のなかから、200件を展示する展覧会を開催します。

会場は仙台駅からもアクセスが便利な、せんだいメディアテークです。

市民図書館に行くついでに、定禅寺通りを散歩するついでに、商店街でのお買い物のついでに、ぜひ足をお運びください(*uωu)

みなさまのお越しをお待ちしております!


(学芸研究員:沼田)

*****************

●東北学院大学 文化財レスキュー展 in 仙台


●日時:
2012年11月6日(火)から8日(木)まで(午前9時30分開場、午後21時閉場) 


●会場:
せんだいメディアテーク 1階、オープンスクエア


●内容:

①文化財レスキュー活動の紹介


 東北学院大学博物館は、20011年6月から国が組織した被災文化財等救援委員会のもとで、文化財レスキュー活動を行ってきました。大学博物館には、石巻市鮎川収蔵庫から救出された民俗資料や考古資料、地学資料など、牡鹿半島の歴史と文化を物語る多様な資料が保管されています。本展覧会では、これらの資料をすべて展示し、クリーニング作業に携わった学生たちが、活動を紹介します。

②資料の情報を収集する活動

 
展示される民俗資料は、破損していたり、部品ごとに分解されたりしていて、どのように使用されていたのか、わからないものが大半を占めています。会場では、学生が来場者にインタビューを行います。資料に関する情報や思い出を収集することは、生活の一端を示す資料となるために欠かせない活動です。被災した資料を、今後のくらしにどのように生かしていくことができるのか、来場されるみなさまと一緒に考えます。

Photo_7

« 東北学院ホームカミングデーのお知らせ! | トップページ | 【予告】コーナー展示がリニューアルします! »

お知らせ」カテゴリの記事