« あらあらかしこ。 | トップページ | オープンキャンパス準備中 »

2012年6月 1日 (金)

噂の新人?

 どうも初めまして。今年度の学芸研究員となったM1の須釜敏史(すがまさとし)です。

新しく学芸研究員となったので自己紹介をします。

まず、私の研究テーマは「中世の南奥州の熊野信仰」です。現在のように鉄道や自動車が無い時代に、東北地方から熊野に行った人々がいたので研究しようと思いました。

 
 また、中世人の身体所作や使われる物の意味などにも関心があります。

中でも樹木の使われる意味について、なぜこの木を材料とするのか、なぜここに植えられているのか、などのことに関心があります。

なので街中に植えられている樹木や花を見ると、ポケットガイドを取り出して名前や特徴を確認しています。
木や花を見ながらブツブツ独り言をしている人を見かけたら、おそらく私ですので一声かけてみて下さい。

 それから、4月にミニベロ(タイヤの小さい自転車)を買ったので、色々なところに出かけています。なので史跡や博物館などで遭遇するかも知れません。

 それではみなさん、東北学院大学博物館にぜひお越しください。

(学芸研究員 須釜敏史)

« あらあらかしこ。 | トップページ | オープンキャンパス準備中 »

学芸研究員紹介」カテゴリの記事