« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月21日 (木)

【訂正あり】超満員でした!

ふたたびこんにちはnotes

学芸研究員の沼田です(*uωu)shine

最近ブログへの出現率がアップしたわたし。

そろそろ名前も覚えていただけたのではないか!?

と、ひとりニヤニヤしております(*´ω`*)

さてさて、予告しました通り、公開講座の会場レポートをお知らせいたしますsign03

●歴史学科第14回公開講座 災害を乗り越えてきた人々●

Photo

7月21日木曜日、本年度の公開講座の幕が切っておとされました。

本学土樋キャンパスでは最大規模の教室での開催にも関わらず、立ち見がでるほどの大入りに。

来場いただいた方々の、その数なんと、約380名sign03

足をお運びくださったみなさま、本当にありがとうございましたshine( ´;ω;`)ブワッ

第1回目となる今回は、二部構成。

第一部は佐川正敏先生が、「考古学からみた大規模災害と人類─貞観大地震と『修理府』を中心に─」というタイトルでご講演されました。

Photo_2

869年に起きた貞観大地震の際に、陸奥国多賀城には修理府がおかれ、新しく瓦を焼くなどして政庁の再建が行われます。

佐川先生は、出土した宝相華文軒瓦に注目。

その製法などや出土分布などをもとに、当時北九州にいた新羅(しらぎ)人の関与を検討されました。

まだ学会未発表だという、まさに最新の研究成果のご報告に、来場されたみなさんは熱心に筆を走らせていらっしゃいました。

つづく第二部は、加藤幸治先生が、「災害経験を伝えるメディア─記録・文学・民間伝承の狭間にあるもの─」というタイトルでご講演されました。

Photo_3

災害の記憶を後世に伝えていこう!という機運が高まっているなか、

加藤先生は冒頭に『災害経験を「伝える」ことはできるのか!?』という投げかけをされ、

会場が一瞬「・・・!?」という雰囲気に。

しかも、特別ゲストをお迎えして、災害の文学(記録?)を朗読いただきました。

Photo_4

朗読していただいたのは仙台において、俳優、ナレーターなどでご活躍されている、

茅根利安(ちのね としやす)さん。

講演と、演劇の世界でがコラボレーションされました。

なかなかお目にかかれない演出に、してやられた、という感じで、会場のみなさまは引き込まれていました。

さて、次回は来週、27日(水)に、上智大学から北條勝貴先生をお迎えして開催されますsign03

詳細は以下の通りです。

事前申し込み制でしたが、座席には少し余裕がみられるかもしれません。

もしお時間のご都合がついた方がいらっしゃいましたら、

下記の問い合わせ先までお問い合わせください(・ω・)ノ

【歴史学科第14回公開講座 災害を乗り越えてきた人々】特別講演会

●北條勝貴氏(上智大学文学部史学科准教授)

「水への想い、原郷への想い─東アジアの水災をめぐる環境文化史─」

●日時:7月27日(水)、18時~20時

●場所:東北学院大学土樋キャンパス4号館、401教室

●問い合わせ先:

東北学院大学研究機関事務科、歴史学科公開講座係 

〈電話〉022-264-6430

(学芸研究員:沼田愛)

TV放送が延期になりました

こんにちは。

学芸研究員の沼田です(・∀・)ゝshine

先日おしらせした、文化財レスキュー事業を紹介するテレビの放送が、

本日ふたたび延期になりました・・・

もしかして、もしかすると、

自宅のビデオを録画設定していたのに!

という方、いらっしゃいましたら、ほんとうに申し訳ございません(´・艸・)

戯言ですが、食事時、好きなものは後から食べる派のわたしです。

たのしみも後にとっておくといいよ、という意味として、

また来週ビデオを録画することといたします(´;ω;`)ウウ・・・

来週放送となるのかどうか、また決まり次第おしらせいたしますね。

では、続きまして、昨日行われた公開講座のレポートを、ふたたび沼田がお届けしますpencil

(学芸研究員:沼田愛)

2011年7月19日 (火)

公開講座の会場が変更になりました!

こんちには!

学芸研究員の沼田です(o・ω・)ノnotes

いよいよ明日から3週連続で行われる、本学歴史学科の公開講座ですが、

会場が変更になりました!

【変更前】6号館、621教室

↓↓

【変更後】4号館、401教室

構内にも掲示がなされますが、お間違えのないよう、ご注意ください(*uωu)

初回は2部構成で、佐川正敏先生(考古学)と、加藤幸治先生(民俗学)のご講演です。

(※講演日程、題目は、6月23日のブログをご覧ください)

みなさまのお越しをお待ちしておりますshine

会場レポートも後日しっかりお届けしますのでお楽しみに(・ω・)ゝsign03

(学芸研究員:沼田愛)

2011年7月15日 (金)

お待たせいたしました!

初めまして(◎´∀`)ノ 学芸研究員の大沼 知(とも)です。

入院や手術など体調不良でなかなか書けずやっと更新できました(笑)

簡単な自己紹介としまして、私は民俗学を専攻している大学院一年生です。

研究は小正月行事をテーマに、伝承の意義や背景を日々考えています(漠然としてすいませんrain)

学部生時代は野球部に所属していたので体力に自信ありですbaseball

もうすでに色々とご存知だとは思いますが、我が東北学院大学博物館は考古学や古代、中世、民俗といった各時代ごとや分野ごとに貴重な資料が展示してあります。ぜひ一度足を運んで、資料に学び、私たち学芸研究員と有意義な時間を過ごしてみませんかo(*^▽^*)o

次回は遠藤健吾くんが更新予定です。ぜひお楽しみに(。・w・。 )

2011年7月14日 (木)

TVで放送されます!

こんにちはshine

学芸研究員の沼田です(*uωu)

先日梅雨が明けましたねsun

仙台生まれ、仙台育ちのわたしは、梅雨とは肌寒いものだと思っていましたが、

今年の梅雨は暑い、あつい、暑いsign03

しかも晴れ、はれ、晴れsign03

ほんとに梅雨だったのsign02

って感じで終わってしまいましたね。

これから水不足などにならないとよいのですが…(´・艸・)

さて、当館では、そんな夏空の下、文化財レスキュー事業のクリーニング作業が行われているのですが、

それがテレビで紹介されることになりました(・∀・)tv

文化財レスキュー事業とは、文化庁の「東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援事業」の通称で、主に津波の被害をうけた博物館等の施設に収蔵されていた文化財等を「レスキュー」するものです。

そのために

①文化財を、今後津波の被害を受けないと考えられるところに運び込み、

②汚れや塩を落とすクリーニング作業や、カビの被害を食い止める処置などを施し、

③現地が文化財を再び保管できる環境が整うまで、一時的に保管する。

ということを行っています。

被災した文化財を「レスキュー」する、という目的のために、

保存科学や考古学、民俗学などの各分野の第一線の研究者が協働で事業を遂行しているのです。

当館では6月末から、石巻市のある収蔵庫の文化財を受け入れています。

その模様が、TBSテレビのお昼の番組、『ひるおび』で放送されることとなりましたshine

↓大学の広報のページ

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/news/110704-2.shtml

現時点では7月21日(木)に放送される予定です。

しかしながら、実はすでに2週も先送りされているので、

もしかしたらまた日にちが変更になってしまうかもしれませんが、

そのときはまたお知らせいたします(・ω・)ノflair

お昼時のひとときに、お時間がある方はぜひぜひ、チェックしてみてくださいnote

(学芸研究員:沼田愛)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »