« 考えながらモノを見ること | トップページ | 無料開館のお知らせ »

2011年6月23日 (木)

歴史学科 公開講座がはじまります!

こんにちはshine

ごぶさたしております、学芸研究員の沼田です(*uωu)

当館は今年度から新たに6名の学芸研究員を迎え、

総勢11名の学芸研究員が活動を行っておりますpen

それぞれの自己紹介は、このブログの『学芸研究員紹介』カテゴリーにてリレー形式で開催中ですので、こちらもぜひご一読くださいsign01(σ・∀・)σ{要チェ-ック

さてさて、今回は来月より開催されます、本学歴史学科の公開講座のお知らせですnotes

詳細は以下の通りですので、みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越しくださいfoot

なお、お手数ですが、事前に申し込みが必要です。

申し込み後に受講証をお送りいたします。

それをお持ちになって大学博物館にお越しいただくと、当日は博物館の入館も無料になりますので、博物館にもぜひ足を延ばしてくださいねshine

*****************

文学部歴史学科 第14回公開講座

『災害を乗り越えてきた人々─「環境」の歴史に復興の道をさぐる』

◆日時:平成23年7月20日(水)・7月27日(水)・8月3日(水)、いずれも18時~20時

◆場所:東北学院大学土樋キャンパス、6号館2階、621教室

◆受講料:無料

◆講演日程:

●7月20日

・第一部:佐川正敏(本学歴史学科教授)

「考古学から見た日本列島の大規模災害と人類─貞観大地震と修理府を中心に─」

・第二部:加藤幸治(本学歴史学科准教授)

「災害経験を伝えるメディア─記録・文学・民間伝承の狭間にあるもの─」

●7月27日

・特別講演会:北條勝貴(上智大学文学部史学科准教授)

「水への想い、現郷への想い─東アジアの水災をめぐる環境文化史─」

●8月3日

・第一部:菊池慶子(歴史学科教授)

「防災林の歴史と現在─仙台藩領の海岸林を中心に─」

・第二部:下倉渉(歴史学会教授)

「災害の解釈学─『漢書』五行志を読む─」

◆申し込み方法:

①郵便番号、②住所、③氏名、④年齢、⑤電話番号を明記の上、ハガキかファックス、またはE-Mailにてお申込みください。

◆お申し込み先:

東北学院大学研究機関事務課、歴史学科公開講座係

〒980-8511、仙台市青葉区土樋1丁目3番1号

FAX:022-264-6530

(学芸研究員:沼田愛)

« 考えながらモノを見ること | トップページ | 無料開館のお知らせ »

お知らせ」カテゴリの記事