« 捨てる神あれば…?? | トップページ | 本年も宜しくお願いします! »

2010年12月28日 (火)

当館だからできること(展示替えのお知らせ)

こんにちはsun

年の瀬が迫るなか、本日2日目の更新の担当はもちろん私沼田です(ノ∀`)shine

いやはや、それにしても1年は本当にあっという間。

ちょうど1年前、提出間近な卒論の執筆に追われていた自分がいたはずなのに、

なんだかとっても昔のことのようです( ゚д゚)←遠い目

さてsign03

今回は11月下旬から12月初旬にかけて行われていた、

民俗コーナーの展示替えのようすを大公開いたしますshine

当館は、東北学院大学の学芸員課程の学生が、

学芸員資格を取得するために必修である、

「博物館実習」という科目を履修する場でもありますbook

そのため、民俗コーナーの展示替えは、

学芸員や学芸研究員と、履修生のコラボレーションによって粛々と…

もとい和気あいあいと、かつじっくりと丁寧に行われました。

そのようすがこちら(○`・ェ・)ノsign03

059_2

◆まずは、悩みに悩んで資料の展示配置を決めていきます。全体のバランス、説明パネルの見やすさ等など…配慮するポイントは盛りだくさんです。

074

◆同時進行で行われるのが、それまでの展示資料の収蔵。台帳と突き合わせながら、1点ずつ確認していきます。

063

◆資料の配置が決まったところで、資料を固定するためのテグス留め作業。ここまでくると新しい展示の全貌が見えてきて…sign02

ということで、完成した展示をぜひ博物館でご覧いただければと思いますshine

ちなみに展示解説のパネルは、四苦八苦しながら沼田がレイアウトを担当。

誰にでも読みやすく、目に留めてもらいやすくするというのは、

難しくともやりがいのある作業でしたrockshine

展示内容はコチラ(σ・∀・)σ

●シリーズ「庶民の願い vol.1」 (おしらさま、木製神像など)

●シリーズ「モノづくりの現場  vol.1」 (仙台の曲輪)

今年は本日が最後の開館日(16時閉館)、

来年は1月4日から開館していますflair(4日のみ16時閉館)

民俗コーナーは今後も定期的に展示替えを行っていく予定ですので、

次回の展示替えの前に、ぜひお越しくださいfoot

それではみなさま、来年も東北学院大学博物館をどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

よいお年をお迎えくださいfuji

(学芸研究員:沼田愛)

« 捨てる神あれば…?? | トップページ | 本年も宜しくお願いします! »

お知らせ」カテゴリの記事