« 親子で楽しめます♪ | トップページ | もうすぐクリスマス♪ »

2010年12月18日 (土)

「公共」ってなんだろう?

こんにちはsun

学芸研究員の沼田です (o・ω・)ノ))

さて、このブログでもお知らせしましたが、

先週の土曜日に当館共催の研究会が開催されましたshine

101211

タイトルは『地域博物館論を超えて─公共財としての「コレクション」のこれから─』。

主催である公共民俗学研究会のみなさまや本学の学生だけでなく、

地域のみなさまにも参加していただきました (w´ω`w))ヤッタネ!

101211_2

3名のパネリストによる発表と、会場を巻き込んでのディスカッションが行われ、

予定終了時間をオーバーするほど熱論がくり広げられましたshine

かくいう私も、民俗学の世界に足を踏み入れて(迷い込んで?)早3年。

ものすごーーーー……く刺激を受けましたsign03

四苦八苦している修士論文に、ダイレクトに影響を及ぼしております (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

博物館に携わっている、自分にできることはなんだろう?

民俗学を勉強している、自分にできることはなんだろう?

そもそも民俗学にできることはなんだろう?

つまるところ、

自分の研究って社会にとって必要なのかsign02

…考え出すとワープにはまりこんで、これだけでご飯3杯は食べれます。

毎日毎日、モヤモヤもやもやモヤモヤもやもやtyphoon

答えは簡単に出てきてはくれません。

それでも、考え続けていきたいと思いますpunchshine

はてさて、

来週水曜日(2010年12月22日)には、当館を会場にクリスマス・コンサートが行われます。

詳細は別記事でご紹介しますので、ぜひご覧になってくださいねnotes

(学芸研究員:沼田愛)

« 親子で楽しめます♪ | トップページ | もうすぐクリスマス♪ »

活動報告」カテゴリの記事