« 【訂正あり】来館者のパワーにタジタジ | トップページ | 祝・1歳 »

2010年11月13日 (土)

一流の研究者に会えます!

こんにちはshine

学芸研究員の沼田です(。・ω・)ゝ

先日アップした記事ですが、間違いがあり、

今朝訂正をいたしました。

大安場史跡公園のみなさまに深くお詫び申し上げます。

また、このブログをご覧いただき、ご指摘をいただけたこと、

本当にうれしく感じております。

これからもよろしくお願い致します。

さて!

今回は予告通り、当館が共催する研究会のおしらせですbookφ(・ω・ )メモメモ

Photo

Photo_2

研究会のタイトルは、『地域博物館論を超えて─公共財としての「コレクション」のこれから』。

公共民俗学研究会が主催しています。

この研究会に当館学芸員の加藤先生が所属していることから、

博物館との共催が実現いたしました。

第一線にいる研究者の話が聞ける、またとないチャンス!

ぜひ足をお運びください(o・ω・o)shine

また、研究会当日には博物館の展示替えも終了している予定です。

研究会終了時刻には、博物館は閉館してしまっているので、

ぜひぜひ研究会の前に大学博物館にもお立ち寄りくださいfoot

当日のスケジュールなど、詳細は以下の通りです。

みなさまのお越しをお待ちしております(●´艸`)ドキドキ

**********

公共民俗学研究会 第3回研究会

『地域博物館論を超えて─公共財としての「コレクション」のこれから─』

●日時:12月11日土曜日 13:30~17:30

●場所:東北学院大学土樋キャンパス 6号館4階 642教室

●参加費:無料

●内容

○開会にあたって(菅豊)

○発表:「『地域博物館』論再考─南方熊楠の顕彰活動を手がかりに─」(加藤幸治)

○発表:「文化財調査における地域文化の客体化─外部者/内部者の価値付の差異をめぐって─」(村上忠喜)

○発表:「文化財保護行政における「公共」と民俗学─その「保存」から「活用「」への道程から─」(小谷竜介)

○コメント(高倉浩樹)

○質疑応答

(学芸研究員:沼田愛)

« 【訂正あり】来館者のパワーにタジタジ | トップページ | 祝・1歳 »

お知らせ」カテゴリの記事