« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月19日 (金)

博物館にやってきたのは・・・

Photo

こんにちは!学芸研究員の柏井です。

さてさて、昨日の続きです。

実は昨日、閉館間際に映画部がやってきましたmovie

どうやら「卒業制作で映画を撮っている」とのことで、

博物館でも撮影をさせてほしいということでした。

(本来であれば前もってロケハンを組んで、事前に申請をしてほしかったのですが・・・。)

なんだかんだとありましたが、無事に撮影して帰っていきました。

映画のクレジットには「協力:東北学院大学博物館」と入れてくれる、はず!

出来上がった映画もぜひみせてほしいと思いますhappy01

そして本日、学芸員の加藤先生と柏井でとあるところへ行ってきましたrvcar

それは今後の博物館に非常に関わりのあることなのですが・・・。

その話はまた後日アップしたいと思います。

おたのしみにshine

(学芸研究員:柏井容子)

2010年11月18日 (木)

祝・1歳

こんにちは。学芸研究員の柏井です。

本日11月18日は何の日でしょう???

実は・・・、我が東北学院大学博物館の誕生日なんですbirthday

今日でやっと1歳になりましたhappy02

そんな本日は、博物館実習の授業が博物館でありました。

資料のテグスどめや、展示資料のキャプション作りなどをやりつつ、

展示資料(板碑資料など)のお掃除もしましたshine

1年分のホコリをとって、本日からまた新たにスタートですdash

まだまだ成長中の博物館ですが、これからもよろしくお願いしますhappy01

そしてつい先ほど、閉館間際に駆け込みでとある人たちが博物館にやってきました・・・。

一体誰が??

その内容はまた明日お知らせしたいと思います。

(学芸研究員:柏井容子)

2010年11月13日 (土)

一流の研究者に会えます!

こんにちはshine

学芸研究員の沼田です(。・ω・)ゝ

先日アップした記事ですが、間違いがあり、

今朝訂正をいたしました。

大安場史跡公園のみなさまに深くお詫び申し上げます。

また、このブログをご覧いただき、ご指摘をいただけたこと、

本当にうれしく感じております。

これからもよろしくお願い致します。

さて!

今回は予告通り、当館が共催する研究会のおしらせですbookφ(・ω・ )メモメモ

Photo

Photo_2

研究会のタイトルは、『地域博物館論を超えて─公共財としての「コレクション」のこれから』。

公共民俗学研究会が主催しています。

この研究会に当館学芸員の加藤先生が所属していることから、

博物館との共催が実現いたしました。

第一線にいる研究者の話が聞ける、またとないチャンス!

ぜひ足をお運びください(o・ω・o)shine

また、研究会当日には博物館の展示替えも終了している予定です。

研究会終了時刻には、博物館は閉館してしまっているので、

ぜひぜひ研究会の前に大学博物館にもお立ち寄りくださいfoot

当日のスケジュールなど、詳細は以下の通りです。

みなさまのお越しをお待ちしております(●´艸`)ドキドキ

**********

公共民俗学研究会 第3回研究会

『地域博物館論を超えて─公共財としての「コレクション」のこれから─』

●日時:12月11日土曜日 13:30~17:30

●場所:東北学院大学土樋キャンパス 6号館4階 642教室

●参加費:無料

●内容

○開会にあたって(菅豊)

○発表:「『地域博物館』論再考─南方熊楠の顕彰活動を手がかりに─」(加藤幸治)

○発表:「文化財調査における地域文化の客体化─外部者/内部者の価値付の差異をめぐって─」(村上忠喜)

○発表:「文化財保護行政における「公共」と民俗学─その「保存」から「活用「」への道程から─」(小谷竜介)

○コメント(高倉浩樹)

○質疑応答

(学芸研究員:沼田愛)

2010年11月12日 (金)

【訂正あり】来館者のパワーにタジタジ

こんにちは!

学芸研究員の沼田です(。・ω・。)

博物館のある宮城県では、

紅葉が見ごろを迎えていますmaple

秋の行楽シーズンも後半戦といったところでしょうか。

さて、本日は博物館に26名の方にお越しいただきましたshine

Photo

来館してくださったのは、

福島県郡山市にある、大安場史跡公園ボランティアの方々。

熱心に見学していただき、

ここ数日静かだった博物館が一気に活気づきました  ヽ(*´∀`)ノshine

大安場史跡公園は、前方後方墳を中心とした史跡ということで、

やはり考古学の展示が大盛況。

Photo_2

Photo_3

考古学が専門の辻館長が解説を始めると、

メモを取りながら熱心に聞いてくださいました。

Photo_4

もちろん学芸研究員も出番です。

本日隠れた人気コーナーになっていたのが板碑の展示。

「これはすごい!」と感嘆のお言葉をいただきました。

それにしても来館してくださったみなさまは本当に元気!

パワーあふれる人生の先輩方を前にして、

若輩者の学芸研究員はたじたじでした(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

さて、展示替え作業も本格的に動きだしましたflair

またお越しいただいたときに、

「お、この間と違うな」「何度来てもおもしろいな」

と感じていただけるようにがんばります(・∀・)!

それでは次回は、博物館が共催で行う研究会のご案内をいたしますのでお楽しみにshine

(学芸研究員:沼田愛)

【訂正】

読者の方よりご指摘を受け、早急に訂正をいたしました。

●誤『大安場史跡』→正『大安場史跡公園』

●誤『前方後円墳』→正『前方後方墳』

深くお詫びして、訂正いたします。

ご指摘ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

(学芸研究員:小田島香奈・沼田愛)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »