« 展示ケースが搬入されました | トップページ | 墨書人面土器が帰ってくる »

2009年9月29日 (火)

縄文土器修復作業

231_3115

展示の一つである、西ノ浜貝塚の縄文土器の修復作業をおこなってます。

土器は破片になってバラバラの状態で遺跡から出土することが多いのです。それを博物館で展示できるようにするにはできるだけ元の形にもどす必要があります。土器の破片を一つずつ接着剤でくっつけ、破片がない場合は修復剤で補強・復元して、完全な形にできるだけもどします。

なかなか根気のいる作業ですが、修復が完了するとうれしいものです ヽ(´▽`)/

(学芸研究員)

 

            

« 展示ケースが搬入されました | トップページ | 墨書人面土器が帰ってくる »

開館準備作業」カテゴリの記事